中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

仮じゃなくてホントの話。不倫相手をどうやって選ぶ?不倫現在進行形アラサー独身女子に聞いたリアル

f:id:bmkaijyu:20190926183529p:plain

今回は仮じゃない、リアルなやつです。

 

実際に不倫経験があり、現在も3人の男性との不倫関係が現在進行形というアラサー独身女子に、不倫相手を選ぶ基準を教えてもらいました(^_^;)

 

皆さんお分かりですよね?

決して不倫を推奨しているわけではありません。

不倫相手に選ばれるような魅力的な男性を目指しましょう!というお話です。

 

f:id:bmkaijyu:20190926230052j:plain

 

何を基準に不倫相手を選んでいるの?

今まで何人もの方と不倫をしてきて、今現在も3人の男性と不倫進行中のMさん。
そのような人たちとどうやって不倫関係にまで発展するのか。


もちろんいきなり不倫関係になるわけではなく、やはりその前に何度か2人でお食事に行きます。

その中から何を基準に不倫相手を選ぶかを教えてもらいました。

 

 

 

メリットがあるかどうか?

彼女が基準とする「メリット」とは

  • 自分では行けないところへ連れて行ってくれる
  • 自分や同年代の人とは体験できないようなことをさせてくれる
  • お金はもちろん全部出してくれる

こういったところです。


だって不倫なのですから、どんなに顔が良くてお腹も出ていなくてシュッとしている素敵なおじさまでも、デートに連れて行かれるところが自分でも行けそうなところや、なんなら前行ったことあるわ、みたいなところでさらにワリカンだったら…。


その方とは不倫関係には発展しません。


だってそれだったらわざわざ既婚のおじさんとデートする意味がないじゃないですか!

と彼女は言います。

 

不倫はあくまで不倫であり恋愛ではないのです。
恋愛に似た感覚を得ることはできますがそれは「疑似恋愛」であり本物ではありません。

 

恋愛だったらその辺のファミレスでも「好きな人と一緒ならどこでも楽しい♡」となるかもしれませんが、不倫でそれはありません。


自分では行けないような素敵なところへお食事に連れて行ってもらって、インスタ映えする写真を撮って、インスタにアップして、友達から「こんな素敵なところ行けるなんてすごいね!」「誰と行ったの?!」と言われるのが楽しいのです。


そんな優越感に浸れるようなメリットを与えてくれるか、これが最大のチェックポイントです。
不倫をするのでしたら、女性に良い思いをさせてあげられるほどのお金がないと難しいのですね。

 

 

下心が見え見えではないか?

上記に述べたような「メリット」を与えてくれる男性でも「これだけやってあげているんだから、その先もいいよね?」みたいな雰囲気を出されると、「必死」「余裕がない」ように見えてしまい一気に引かれてしまいます。


女性の方も、いつも良くしてくれてそれでも「その代わり」なんていう雰囲気は一切出さずに楽しんでくれているような方だったら、何回かデートを重ねるうちに「この人とだったらいいかな…」と思うようになります。
(もちろん男性に下心が全くないなんて思っていません。それを出さないで振る舞えるところに余裕を感じることができるのです)


女性の側からしても、あくまで「何度か2人で会ううちにお互いそういう雰囲気になっていった」それくらいのスタート感がベストなのです。 

 

 

既婚者であるという立場を忘れない人かどうか?

ここが意外と重要なんです。


「メリット」と「下心」の件をクリアして、不倫関係に発展したとしても、本当の彼氏ヅラをしてきたり、束縛し始めてしまう人がたまにいます。
ヤキモチを焼いてきたり、会っていない時の行動を詮索するようなことをしてきたり…。


そんなことをしてきたらその時点でアウトです。

そもそもあなた結婚しているじゃない。どの口が言ってるの?となります。


こういう人は別れるときも面倒です。
先ほども書いたように、不倫というのは恋愛ではありません。
一緒にいるその時間だけを一緒に楽しむ、それに尽きるのです。

 

そしてさらにこのような「自分が既婚者であるという立場を忘れてしまう人」というのはその行動から、奥さんにもバレやすくなります。


不倫の場合、万が一奥さんに関係がバレた時、圧倒的に不利なのは女性の方です。
正直こちらとしては本気でもなく、ちょっと遊んでいただけなのに奥さんから猛攻撃を受けるのはとても迷惑と感じます。


だからこそ、不倫に手を出すのなら「自分は既婚者である」ということをいつでも念頭に置いて、わきまえて行動できる人が良いのです。


不倫は楽しい、と彼女はいいます。

甘い蜜だけを吸うことができ、とろけるような甘味の時を過ごすことができるからです。

 

でもそれはあくまで不倫だから成立している関係性です。


それを勘違いして「君といるときが一番幸せだ!奥さんとは離婚する」なんて言われてしまうと困ります。

 

だってお互いがフリーで「不倫」という関係じゃなかったら
もしこれで本当に奥さんと別れて再婚して夫婦になったら
この楽しい時間は終わってしまうのです。

 

不倫とは麻薬のように甘い幻想を見せてくれ、楽しい時間がまるで本物かのように感じられ、陶酔してしまうこともあるといいます。

だから不倫をやめられないとも彼女は言ってました。

 

しかし、あくまで「既婚者」あくまで「不倫」だからこそ楽しい。
こういった「現実」という手綱をいつでもきちんと離さないでいられる人か。
その範囲で楽しく遊べる人かどうか。


不倫をする上で、自分を守るためにも見逃せない重要なチェックポイントなのです。

 

まとめ

メリットを提供してくれるけれど、下心を見せず、そういう関係になったとしても既婚者であるという立場を忘れない人。

 

こんなアラフォー男性なら、めくるめく不倫の世界を楽しむことができることでしょう。

 

やはり私には不倫は無理のようです、潔く諦めます(^_^;)