推定年齢512歳。世界最高齢の脊椎動物とされるサメが北大西洋で発見される
image credit:instagram@juniel85
 
「ニシオンデンザメ」というサメです。
 
ニシオンデンザメの寿命は400年以上、512歳に達するものも。”2017年初め、ノルウェーのトロムソ大学のキム・プラエベル教授はニシオンデンザメの寿命が400年もあることを発見した。  ニシオンデンザメはオンデンザメ科最大のサメで、毎年1センチずつ成長するために、その大きさが分かれば年齢を推定することができる。  28匹のニシオンデンザメの大きさ計測した結果、そのうち1匹は1505年生まれと推定された。年齢にすると512歳となる。  
引用元:カラパイア http://karapaia.com/archives/52250875.html  
 
500年前って、日本は室町時代です。
 

その他に知ったのは

イギリス史上最高齢とされたゾウガメのトーマスは130歳でこの世を去りました。 
もはやこのくらいでは驚きません。 

f:id:bmkaijyu:20190925230439j:plain

ガラパゴスゾウガメ


トーマスよりももっと高齢のカメもいたらしいです。 

インドのアドワイチャは2006年の死亡時には少なくとも150歳、もしかしたら250歳だった可能性もあり、ガラパゴスゾウガメのハリエットは、およそ176歳まで生きたとの事。 

いや、思ったより皆さん長生きですね(^_^;) 
 

もっとすごいやつもいるみたいです。 
決して死なないクラゲ、ベニクラゲです。 

f:id:bmkaijyu:20190925230151j:plain

ベニクラゲ
このクラゲは死ぬ代わりに、成熟個体から若返って未成熟のポリプに戻ることができ、そのサイクルを繰り返すらしいです。 

もはや何でもアリですね。 

ちなみにこれまでは、地球上で最も寿命の長い脊椎動物は、ホッキョククジラだと思われていたらしいです(推定寿命は211年)。
 
子どもが何となく言った事をキッカケに、生命の神秘に触れることができ、久しぶりに知的好奇心がそそられました。
 
いやしかしホント、サメの寿命に普通に驚きました。