中年パパとその予備軍たちへ送る

出会いから結婚・出産・家事・子育てなど悩める男性達へちょっぴり役立つ情報をお届けするブログ

40代中年パパの本気の家事はこうやる!洗濯物を干す 

 

f:id:bmkaijyu:20191002011620p:plain


共働きの家庭が増えることに伴い、男性も女性と同じく育児や家事をすることがもはや当たり前の世の中。

それは平成生まれの若い世代だけでなく、昭和生まれ中年世代のパパも同じです。

 

若い世代のパパはそれが当たり前になっているので、それなりに育児や家事の心得がある人が多いでしょう。

 

しかし昭和世代はまだまだ育児や家事に疎いパパも多いのではないでしょうか。

 

夫婦だけのときはそうでもなかったはずなのに、子どもが生まれると急に家事の中で占める割合に存在感を現す「洗濯」

 

多くの家庭で毎日のことなので、若いパパであろうと、40代中年パパであろうとやらなければならないのは例外ではありません。

 

洗濯には主に3つの作業があります。

  1. 洗う
  2. 干す
  3. たたむ(収納する)

 

洗濯機と洗剤の進化により、昔に比べて失敗の少ない「洗濯」ですが、おさえなければならないポイントがいくつかあります。

 

今回は2番目の「干す」作業に焦点を当ててポイントをチェックしていきましょう!

f:id:bmkaijyu:20191001231604j:plain 

洗濯物の干し方の基本はコレ!抑えておきたい7項目

 

濡れた洗濯物をどう取り扱うかによって、乾いた後の手間や仕上がりに大きく影響します。

もう一人暮らしの時にしていた適当な干し方は、そろそろおしまいにしましょう。

 

 

洗い終わったら出来るだけすぐに干す

 

出来だけすぐというのは食器洗いも洗濯も同じですね。

洗濯機終了の音が鳴ったら、速やかに洗濯物を取り出します。

放っておけば雑菌がどんどん繁殖してしまいます。

それはやがてイヤな臭いの原因に…。

 

感覚的にわかると思いますが、菌というのは基本的には乾燥に弱いものなんです。

増殖する前に早めに乾かすことが重要です。

 

 

シワは伸ばして干す

 

洗濯物のシワは伸ばして干すのは基本です。

伸ばさないで干すと、そのままの形で乾いてしまいます。

 

すると、しわくちゃの服を着るか、アイロンで伸ばすかの選択に迫られてしまいます。

 

靴下も油断しないでください!伸ばして干せばきれいに仕上がります。

とにかく洗濯物は全てシワを伸ばして干しましょう。

 

 

 

ハンガーの肩と服の肩口はきちんと合わせる

 

とりあえずハンガーにかけておけばいいだろう、と適当に掛けるのはNGです。

肩口をしっかりハンガーの肩部分に掛けましょう。

 

ずれ落ちてしまう素材の場合は洗濯バサミで肩口をとめておけばOKです。

 

 

 

色あせしないように注意

 

デニムなどの濃い色の素材や、色柄物の服は強い光で色が抜けてしてしまうこともあります。

陰で干すようにしましょう。

ニットはハンガーにかけると伸びてしまうので、平干しします。

 

衣服の洗濯表示タグを見れば、干し方について表示されているので、チェックしておきましょう。

 

 

服同士は離して密着させずに干す

 

早く乾かすには日光の力と洗濯物の風通しを良くすることが大切です。

服と服の間はできるだけ大きく取ります。

 

当然、洗濯物を干すスペースにより限界はありますが、5cm以上離しておけばOKでしょう。

重なると、乾きムラの原因になります。

 

いかに省スペースで、洗濯物の風通しを良くするか…中年パパの腕の見せ所です!

 

 

日が沈む前に家の中に取り込む

 

日が沈み始めても洗濯物を外に放置していると、せっかくの洗濯物が湿気を吸収してしまいます。

屋外に干すのは日中だけにしましょう。

 

 

奥さんの秘密はさりげなく

 

奥さんの下着は他の洗濯物で目隠しし、外から見えにくくしておきましょう。

さりげなく気配りしておけば、そのうち奥さんもきっと気づいてくれるはず。

気づかなかったとしても、自分の妻の秘密は他人の目には触れられたくないですよね。

 

 

 

これで洗濯物干し作業時間短縮!

 

中年パパの洗濯なら、もっと効率UPを追求していきましょう。

 

洗濯機から出した衣類を干す前に仕分けます。

絡まった状態の洗濯物をいちいちほどきながら干していくのは、よろしくありません。

 

まず、洗濯機から取り出した衣類を

  • ハンガーに掛けるもの(シャツ、Tシャツなど)
  • 洗濯物干すやつにぶら下げるもの(フェイスタオル、靴下、下着など)

に分けてから干すと良いでしょう。

 

洗濯物の物量を把握することができ、干す作業全体の流れを読めるので、作業効率が上がります!

 

f:id:bmkaijyu:20191002021004j:plain
洗濯物干すやつ?洗濯バサミがいっぱいついたあいつの名前は? | 心と体の健康.com


中年パパが覚えておくべき「洗濯表示」3種類はコレ!

洗濯をしようとしている服が「洗濯機使ってOK?」「手洗い?」「ドライクリーニング?」がわからない方も多いでしょう。

 

まずはこの3つを抑えておけば、一般的にはほとんど大丈夫なので、しっかり覚えておきましょう。

 

手洗いマーク

https://www.lenet.jp/images/magazine/20160314-04_01.png

洗面器のような容器に水がはいった様子を表現したマークが手洗いマークです。洗濯表示に洗濯機のマークがなく、この表示しかない場合は、洗濯機を使うことはできません。もし洗濯機を使って洗ってしまうと、繊維が壊れ、型崩れしてしまう可能性が高いので要注意です。

 

洗濯機マーク

https://www.lenet.jp/images/magazine/20160314-04_02.png

四角い箱のようなマークです。このマークがあれば洗濯機で洗うことができます。ちなみにこの表示の場合は、水温30℃程度で弱水流もしくは手洗いで、かつ、中性洗剤を使って洗うという意味になります。

 

ドライマーク

https://www.lenet.jp/images/magazine/20160314-04_03.png

ドライマークが付いている服は、ドライクリーニングに適しているという意味です。このマークしかついていない服を水洗いしてしまうと、洋服が型くずれしたり色落ちしたりする可能性があるので注意が必要です。

 

(引用元:Womenwill Japan https://www.lenet.jp/wash/20160314-04)

 

ドライマークのついている服は必ずクリーニングに出しましょう。

 

それぞれのマークの上に「✕印」が付いている場合、そのマークでの洗濯法は不可、という事になります。

あわせて覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

中年パパの部屋干しはこれで匂わない!

 

防犯や花粉対策のため、雨が降っててやむを得ず…などなど。

部屋干しをする機会も多いですよね。

でも部屋干しした場合、独特のイヤな臭いがしてくるのをほとんどの方が経験済みでしょう。

 

そう、臭いの原因は「菌」「汚れ」です。

具体的にはどうすれば良いか、いくつか対策を紹介します。

 

部屋干しをする時のポイントは?

ポイントは早く乾かすための「空気の循環」です!

 

  • 窓や壁の近くは空気の循環が悪いので避ける
  • 古い服は臭いが付きやすいので部屋干しは避ける
  • 扇風機や除湿機、サーキュレーターで風をあてる
  • エアコンの除湿機能を使う
  • 乾燥機能や換気扇のある風呂場に干す

 

最も効果的なのは意外にも「浴室に干す」

雨の時など風通しを良くしたくても、そうもいかない場合があります。

そんな時でも、浴室は締め切った状態で洗濯物が干せる為、空気が乾燥されて乾きやすくなります。

 

換気扇をつけた状態で、扇風機やサーキュレーターを使うととても効果的です。

浴室乾燥機が付いている場合は、有効活用しましょう。

 

部屋干しのニオイ対策には「洗い方」が重要です!

洗濯物の「汚れ」を残さない、これが大前提です。

 

洗剤の「使用量の目安」は必ず守る。多すぎても少なすぎてもNGです。洗剤メーカーは、規定の量で最も洗浄能力が発揮できるよう、洗剤を設計しています。

  • 洗濯物を入れ過ぎない(洗濯機の容量の7~8割程度が目安)
  • 洗濯物に残った汚れをエサにして繁殖する「菌」を防ぐ
  • 「部屋干し専用」の洗剤を使う
  • 除菌力や抗菌力に優れている漂白剤や柔軟剤を使う
  • 「すすぎ」にお風呂の残り湯を使わない

 

ランニングコストで見る「エコな乾燥方法」は?

やっぱり便利な文明の利器、どれを選んだらいいか迷いますよね。

こんなデータがあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

◯窓際に干して扇風機で洗濯物に風を当てる

ランニングコスト 約5円

乾燥時間 約7時間以上

 

◯浴室乾燥機

・電気式浴室乾燥機

ランニングコスト 約83円

乾燥時間 約3時間15分

 

・ガス温水式浴室乾燥機

ランニングコスト 約39円

乾燥時間 約45分

 

◯全自動洗濯乾燥機

・ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機

ランニングコスト 約21円

乾燥時間 約2時間35分

 

・ヒーター式全自動洗濯乾燥機

ランニングコスト 約88円

乾燥時間 約3時間以上

 

◯浴室に干して除湿機をかける

ランニングコスト 約19円

乾燥時間 約5時間

 

紹介した衣類乾燥の方法を、ランニングコストの安い順に並べてみました。

  1. 扇風機 約5円
  2. 除湿機 約19円
  3. ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機 約21円
  4. ガス温水式浴室乾燥機 約39円
  5. 電気式浴室乾燥機 約83円
  6. ヒーター式全自動洗濯乾燥機 約88円

(引用元:All About 暮らし https://allabout.co.jp)

 

時間と費用との兼ね合いをつけて、最適な方法を選んでみましょう!