中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

子育てとYouTube 全く見せないのは無理!?という前提で親のすべきこと

f:id:bmkaijyu:20190924155923p:plain


子育てに必ず付いて回るYou Tube問題。

そう考えるとYou Tubeってすごい力を持っていることを改めて思い知らされます。

 

 

テレビでは番組が始まる時間が限られていますが、動画はいつでも好きな時に見ることができますし、繰り返し何度も見ることができるので、大人にも子供にも大人気です。

 

テレビよりも You Tubeの方が好き!という人は子どもだけに限ってのことではないでしょう。 

 

しかし You Tubeを子供に見せてもいいものなのか、成長に悪影響はないのかと心配されている親御さんも多いと思います。 

 

我が家も子育てにおけるYou Tubeの扱い方については模索してまいりました。

が、ここで一つの結論にたどり着きます。

 

YouTubeを全く見せないのは、現実的にムリ。

 

そうなると見せる方向で、きちんと考える必要があります。

You Tubeが子育てに与える影響や見る時の注意ポイントについてまとめました。

 

少しでも安心して見せられるように工夫をしていきましょう! 

<目次>

 

子どもに You Tubeを見せても問題ない?メリットは

You Tubeは小さい子供に見せることは問題ないのでしょうか。

動画を見せることには、このようなメリットがあると考えられます。 

 

 You Tubeは情報の宝庫

You Tubeには毎日大量の動画がアップされています。日本だけでなく世界中の人が動画をアップしていますから、テレビなどと比べたらコンテンツの数が桁違いです。 

 

親が教えることができることなんて限られていますよね。

でも世界中の動画を見れば知らない国のこともわかりますし、動画を見ることで子供の世界はどんどん世界が広がっていきます。

 

まさに情報の宝庫です。

英語学習など学習教材も豊富

You Tubeというと、YouTuberやゲームの動画が多いというイメージを持っている親御さんもいると思うのですが、そんなことはありません。 

 

勉強の方法をわかりやすく解説してくれている動画や語学の動画などもたくさんあります。 

 

特に英語などの外国語は、字幕入りで丁寧に解説してくれているものも多いです。

同時に発音もわかりますから、英語の学習教材を見ているような感覚で勉強が楽しめて、子供にはむしろ積極的に見せたいような良質なコンテンツも豊富。 

 

小さいうちから英語学習をさせたい人にはぴったりの動画が揃っています。

 

自分の好きな世界があるのはいいこと

 

漫画でもゲームでも歌でも、自分の好きなことがあるって毎日が楽しくなりますよね。

 

私たちが小さい頃だって、好きなアニメがあればテレビが始まる時間はワクワクして楽しみにしていたのではないでしょうか。

 

それが今は、時間の制限がなくなっただけ。

子どもが面白いもの、楽しいものを求めるのはいつの時代だって同じです。

 

何も好きなものがないよりも、自分が好きな世界を持てるということは素晴らしいことではないでしょうか。

 

子どもに You Tubeを見せるデメリット 

動画サイトを子どもが見るということを、教育上良くないと考える大人は多いですね。実際、どのようなデメリットが考えられるでしょうか。 

 

 

不適切な動画が出てくることもある

暴力的な内容や性的な内容を含む動画も数多く投稿されています。

普通に視聴していたら、うっかり子供がそういったコンテンツを見てしまうこともあるでしょう。 

 

親としてはあまり見せたくないと思うものも多く、教育上の問題を考えると、何かしら見せない工夫が必要かもしれません。 

 

 

長時間見すぎることで疲労がたまる

パソコンやスマホを何時間も眺めているのは、確かに体によくありません。 

 

目も疲れますし、同じ姿勢を続けることで肩や首も疲れてしまいます。 

 

子どもなのに肩こりが出てしまうかもしれないですね。健康のためにも長時間見すぎることは避けたいところです。 

 

 

動画ばかり見ていて他の遊びをしなくなる

いったん動画に夢中になると、それこそ何時間でも見続けている、という子どももいるでしょう。

 

親としては外で体を動かしたり、本を読んだり、もう少し違う遊びもして欲しいと思うところです。

動画ばかりになってしまうのは少し心配ですね。

 

でもそれならば、子どもが他の遊びに興味を持てるように、親も一緒に遊んであげなくてはいけないでしょう。

パパやママが一緒に遊んでくれるなら、他のことに興味を示すかもしれません。

 

f:id:bmkaijyu:20190924161311j:plain


 You Tubeが悪影響があるとは必ずしも言い切れない 

上記で説明したように、You Tubeにはメリットもあればデメリットもあります。 

 

デメリットをなくす工夫をし、メリットを生かせるようにすれば良いだけのことで、「動画やスマホを子どもに見せるのは良くない」という先入観だけでメリットを失わせてしまうのは、もったいないのではないでしょうか。 

 

確かに、子どもには不適切だなと思うような動画が出てくることもあります。サムネールでは内容がわからないことも多いので、面白そうだなと思って見てみると、想像していたのとは全く違う内容だったということもあるでしょう。 

 

しかし子どもというのは親が思っているほどバカではありません。子どもにも大人と同じように、美しいものは美しい、面白いものは面白い、そしてよくないものはよくないと判断する感覚を持っているのです。 

 

ですから、薄っぺらくて内容のない動画や、ただグロテスクな嫌悪感を催させるような動画を見続けるということはほぼないでしょう。

 

何を面白いと思うかはもちろん大人とは感覚が違いますが、悪質な動画を見れば普通は「これはよくないな」と感じるものです。 

 

世界中の人の動画を見ることができますし、面白いコンテンツを自分で見つける力をつけられるので、むしろ自分の世界をどんどん広げていくことができるものです。 



子育て中にYou Tubeを利用したいときは 

そうはいっても、できるだけ悪質な動画は見せたくないですし、健康被害が出るのも困ります。 

 

子育てでYou Tubeを利用するときには、親子で話し合ってルールを決めましょう。 

 

動画を見るためのルールを親子で話し合う

 

視聴する時間、および時間帯などについて、子どもと話し合ってルールを決めることが必要です。 

 

子どもが小さいとわからないのでは?と思うかもしれませんが、子どもにだってちゃんと意思がありますよね。 

 

親が一方的に子どもに対して「こうしなさい」というのは、子どもから見ても「押し付けられている」という感覚にしかなりません。 

 

小さな子でも納得せずに一方的に言われたことだと素直に聞くことができませんので、理解できるように何度も話をすることが大切です。 

 

  • 部屋の片付けをしっかりしてから動画を見よう
  • 動画を見るのは夕ご飯の前までにしよう
  • 動画を見るときには姿勢を良くして画面は目から30cm以上離そう 

 

など、視聴のルールを話し合い、紙に書いて見やすいところに貼りましょう。 

 

画面からの距離は子どもにはわからないと思うので、パソコンで見るときにはこの位置に座って見るとか、スマホで見る時はここに置いて見る、など子どもでもわかりやすいように位置を指定してあげるといいですよ。 

 

 

 

YouTubeKidsを使ってみよう

小学校に入る前ですと、まだ字がすべて読めないこともありますし、自分で判断するのも難しい部分があります。

そんな時は、You Tube Kidsを利用してみるのはいかがでしょうか。 

 

You Tube Kidsを使えば、子どもが見る番組を大人が指定することができます。

未就学児向け、小学校低学年向けなど年齢ごとにおすすめのコンテンツが分けられているので、どれを見せてもいいかな?と迷った時でも選びやすくなっていますね。 

 

タイマーを使って時間を区切ることもできますし、このコンテンツは必要ないなと思えばブロックすることも可能。

 

どんなものが子どもに適しているのかというのは家庭ごとに考えが違うと思います。

ですから、親自身がコンテンツを選び、我が子に見せてもいいと思うものだけを選んで見せることができるようになっているというのはとても便利でしょう。 


ルールを守って見せればOK 

画面にかじりつくようにして何時間も動画を見ているのは、確かに目にもよくないですし、疲れます。

しかし見る時間についてよく話し合い、そのような健康上の問題をクリアできるなら、「You Tubeだからダメ」とする理由はあまり見当たりません。 

 

そもそも何がいけないのか、本当に子どもに悪影響があるのか、動画だけがよくないのか、一度家族でよく話し合ういい機会かもしれません。 

 

面白いコンテンツを探して、親も一緒に動画を楽しんでみてはいかがでしょうか。