中年パパとその予備軍たちへ送る

40代サラリーマン、頑張っています

40代中年男性たちの悩み AGA(男性型脱毛)本気でセルフケア、始めました

娘が生まれ一年が過ぎ、中年パパは自分の頭を見て悩みます。

「このままハゲになってしまったら、娘が大きくなった時どう思うか?」

 

これまで実に5件もの薄毛対策のお店に訪問して参りました。

クラウドワークスの覆面調査の賜物です。

 

やっぱりけっこうな費用がかかります。

そこで説明を聞いてきた中で、私が効果がありそうだと感じたものをお店に頼らず自分で始めてみることにしました。

 

効果が出るまで6ヶ月はかかるというので、しっかりケアして結果を出せるか検証していきます。

 

訪問したお店

  1. CMなどでも有名なA社
  2. CMなどでも有名なもう一つのA社
  3. S式増毛法で有名なS社
  4. 美容整形でも有名なS美容外科
  5. G様のCMで有名なAGA治療専門クリニック
 
有名なA社2社

1と2は育毛サロンといった感じで、月1〜2回来店しシャンプーしてもらい自分で育毛剤を用意して育毛するという概要でした。

シャンプーしてもらうのは気持ち良さそうですが、髪の毛は増えなさそうです。

おそらく自毛を増やすのは断念して、増毛法に流れていくのかなと感じました。

 

 

S式増毛法

3は有名なS式増毛法です。自毛を増やすのを諦めれば一番手っ取り早いと思います。

商品や価格も非常に魅力的に感じました。

つけていることが本当にわからないですし、シャンプーも出来る、運動も出来る、プールも入れるといったスグレモノです。

自毛を断念したら、ぜひやってみたいと思いました。

 

AGA治療薬を使用するクリニック

4と5は主に医薬品である薬を使用して、治療するという内容でした。

どちらも似たような方法ですが、主に2種類の薬を服用します。

 
◯プロペシア(もしくはジェネリックのフィナステリド)
 
AGAの原因は、脱毛を促す「悪玉ホルモン(ジヒドロテストステロン;DTH)」で、それを作り出すのが「テストステロン」という男性ホルモンと、「体内酵素(5-αリダクターゼ)」です。プロペシアはこれらの結合を阻害することで、脱毛ホルモンの生成を抑えます。

◯ミノタブ

『ミノキシジルタブレット』という内服薬の総称で、「ミノキシジル」という有効成分が、毛の生成と成長を促します。脱毛を抑える薬が多いなか、発毛効果のあるミノキシジルはAGAの治療効果を各段に高めました。

さらに外用薬を使用します。市販薬「リアップ」などのミノキシジルを含む塗り薬です。

またさらに、頭皮に発毛促進剤を直接注射するメニューもあります。

かなり効きそうですがトータル1年で150万円くらいかかります。

 

5件説明を聞いて、薬を使用するこの方法が一番効くだろうと判断しました。

 

AGA治療薬を調達

ネットで個人で購入するのは危険なので避けた方が良さそうです。

しかるべき購入先から購入してみました。

 

購入品リスト

  1. フィナステリドを3ヶ月分:1日1個服用
  2. ミノキシジル15%ローション3ヶ月分(ミノキシジル濃度はリアップの3倍):1日2回塗布

 

ミノキシジルローションは5%、10%、15%とありましたが濃いのを選んでみました。

もちろん金額は5%が一番安く、15%が一番高いです。

内服薬と塗り薬合わせて1ヶ月分で、おおよそ1万円くらいでした。

 

これで6ヶ月頑張ってみます!

※薄毛の自撮り写真は消されてしまいましたf(^_^;

 

こっちの脱毛はすでに施術済、効果もばっちりです