中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

アラフォーではじめての子どもを迎えた夫婦、実は注意しなくてはならないお金のこと

晩婚化が進み、初めて子を持つ親の年齢も高くなりつつあります。

40代になってから第1子という家庭も珍しくないでしょう。

アラフォーからの育児にはメリットも多いですが、実はお金の面では特に注意が必要です。

 

苦労はするけどやっぱり子どもはいると幸せ感じます

 

アラフォーからの育児はもはや普通?!

厚生労働省「人口動態統計」によると、1人目出生時の母親の平均年齢は2015年時点で30.7歳、父親は32.7歳です。

これは30年前に比べて約5歳も上昇しています。

平均が30歳を超えているということは、40歳を過ぎてから初めての子供という例はさほど珍しくないでしょう。

 

40歳前後からの育児には、社会経験が豊富なため若い頃に比べて知識や社会常識があり、精神的・経済的ゆとりがあるというメリットがあります。

でも実はお金に関してはハンデがあることに気がつかない人が多いようです。 

 

www.for40.info

 

教育費がピークの頃に定年

仮に42歳で子供が誕生したら、その子が18歳になり大学入学を控える頃に親は60歳になります。

まさに定年です。

雇用の延長が進んできているとはいえ、60歳代の年収は50歳代の半分近くになるなど、現実はかなり厳しい状況です。

国税庁の調べによると、男性の平均給与のピークは50〜54歳の670万円で、65歳を過ぎると378万円になります。

女性にいたっては60歳を超えると給与はせいぜい200万円程度になってしまいます。

 

1人目を何とか乗り切ったとしても、2人、3人となればどうでしょうか。

幼稚園から大学まですべて公立でも1,000万円、すべて私立だと3,000万円以上教育費がかかると言われています。

さらに食費・服飾費・レジャー代などがそれ以外にかかることを考えると、現役を引退した状態で持ちこたえられるでしょうか?

すべての子供が大学を卒業するまでに退職を迎えてしまう場合は、何らかの対策が必要になります。

 

アラフォーからの育児組は教育費にお金をかけすぎてしまう傾向あり

教育費は年齢が進むほどかさみます。

怖いのは「幼少期はそれほどでもないので油断してしまう」ことです。

油断の結果、幼いころから教育費に過剰な投資をしてしまいます。

 

サラリーマンの年収は、40代から50代にかけてピークを迎えます。

その頃に子供が小さいと、思ったよりも教育費がかからないことから、家計に余裕があるように錯覚してしまいます。

そのため、いろいろな習い事をさせたりしますがしばらくは問題ありません。

年齢を重ねて60歳を過ぎると、一気に収入が減少し教育費は上昇します。

一度始めてしまったものはなかなか途中では辞められず、家計はみるみる苦しくなってしまいます。

 

子どもが幼い頃から、本当に必要なものだけを選ぶことを心がけなくてはなりません。

 

 老後資金に備える時間が少ない

アラフォーなってから子供を持った家庭では、貯蓄に充てられる期間が短いという特徴がありまます。

一昔前のように30歳までに子供が生まれれば40代で主な教育費を支出し、50代は老後の資金作りに備えることができました。

しかしアラフォーから育児を始めた家庭では50代は子供の教育期真っ盛りなので出費がかさみます。

ようやく落ち着く頃には60代で、収入は減り、貯蓄に回せる時間もお金もなくなってしまうということになります。

 

後からくる支出のピークにどう備えるか?

後からやって来る支出のピークにどう備えるか?

アラフォーになってから子供を持つ夫婦が心構えすべきことは、

支出のピークが一般家庭よりも後ろ倒しで来る」ことです。

60代になってからも変わらない収入があることが理想ですが、現実には難しいでしょう。

 

そのため、早くからの計画的な貯蓄は絶対に必要です。

教育費や老後資金が「いつまでにいくら」必要なのかを試算し、必要であればそれまでの生活水準を見直すことも考えなくてはなりません。

 

子どもを持つということは本当に大変なことですね。