40代中年パパや予備軍の悩み、いろいろあるけど原因はほぼ一つ。だから解決方法も一つです。

 子どもの頃に思っていた40代って、かなり年上の大人で、完全におじさんやおばさんと感じていませんでしたか?
 でも、いざ実際自分が40歳を超えてみると、ある時期からそう変わっていない感覚を覚えませんか?

私は20歳の自分と、40歳を過ぎた今の自分、根本の中身はそう変わっていないように感じます。

 

でも「悩み」についてはどうでしょうか。

20代の頃、30代の頃とはだいぶ違ってきていませんか?

 

自分のことや友人のこと、そして会社の同僚のことなどを考え、アラフォーや40代サラリーマンの「悩み」をまとめてみました。 

 

そもそも私自身、かなり楽天的な性格なので、悩みらしい悩みがありません。

持病のパーキンソン病ですら、今のところ自分のメンタル面にそんなに暗い影を落としていません。
 そんな自分ですが、私なりの悩みについて分析し、その解決方法を見出してみました。

結論について、クレームは受け付けません(笑)

 

<目次>

 

40代サラリーマンはこんな事を悩んでいます

とにかく悩みを並べてみます。

  • 給料が安い(上がらない)
  • 会社に必要とされていない
  • このまま課長止まり?
  • 奥さんと仲が悪い
  • 子どもに相手にされない
  • 小遣いが少ない
  • 住宅ローンがまだまだ残っている
  • 仕事にやりがいがない
  • 上司が嫌だ
  • 部下が嫌だ
  • 年金ちゃんともらえるか
  • 老後の生活大丈夫か
  • 子どもの教育費が心配
  • 親の介護
  • 友人が少ない
  • 体力が無くなってきた
  • 腰が痛い
  • 太ってきた
  • 薄毛になってきた
  • 趣味が無い
  • 加齢臭が気になる
  • その他

いろいろありますね。

当てはまりすぎて先行き真っ暗になりそうです…。

 

悩みの分類

 列挙した悩みの数々を分類してみました。

すると5つの項目にほとんどが当てはまるのではないでしょうか。

  • 仕事

  • お金

  • 家族(妻・子育て)

  • 健康

  • 生きがい

これらの悩みは、時代に関係なく普遍的なものでしょう。

すなわち

10年前も、50年前も、100年前も同じようなことに悩んでいる人がいた。

10年後も、50年後も、100年後も同じようなことに悩んでいる人がいるであろう。

ということです。

 

悩みの根本的原因

ずばり90%以上「お金」の問題です。

もう少し言うと「収入源が今の会社しか無く、自分の収入を自分で決めることが出来ない」から、です。

サラリーマンである限り、会社がどんなに巨額の利益を出したとしても、自分の収入に反映されるのはごくわずかです。

逆に会社が赤字の場合はボーナスカットなど、かなりのマイナスが生じる場合があります。

ですが、40代になって転職や独立も難しいでしょう。

なぜなら(年齢的に採用されるのは難しいという現実は別として)

収入源は今働いている会社しかなく、住宅ローンもまだまだ残っていて、子どもの教育費がどんどんかかるようになってくる。

のですから。

悩みの解決方法

原因のほとんどが「お金」の問題ですから、解決することが出来るのは「お金」です。

すなわち、今働いている会社から以外の収入を増やす事によって、解決する問題がほとんどではないでしょうか。

お金に余裕があれば、

  • 今の仕事のすべてにおいて余裕が生じる。給料上がらなくても気にしない、人間関係も気にしない、最悪辞めても構わないと思っていられる。
  • 家族からは大切な存在とされる。
  • 健康はある程度はお金の力でプラスに出来る。
  • 生きがいとか考えなくても良くなる。

今働いている会社以外からの収入をどうやって増やすか?

それは自分自身で考えるしかありません。

 

年収300万円の人と

年収1億円の人(年収1億円以上の人は日本に1万人強存在します)

納税額がどのくらい違うかご存知でしょうか。

 

おおよそですが、

約60万円 と 約4000万円

67倍です。

 

それだけ高収入の人は税金をたくさん納めて、世の中に貢献しています。

年収1億円超えの人たち悩みって何でしょうね?(笑)

 

どうせなら、できるだけ世の中に貢献する側になりたいものです。