中年パパとその予備軍たちへ送る

40代サラリーマン、頑張っています

40代中年男性の全身脱毛って気持ち悪い?脱毛のススメ

f:id:bmkaijyu:20190913011612p:plain

髪の毛は生やしたいのに、生えてこない。

体毛は生やしたくないのに、生えてくる。

人間の体って都合よくいかないものですね。

 

私、10年近く前から少しづつ、現在は40代中年パパでありながらほぼ全身脱毛をやっています。

いい年のおじさんが気持ち悪いですか?

 

でも男だろうと、おじさんだろうと、パパだろうと、サラリーマンだろうと、頭は薄毛だろうと…脱毛するのは自由ですよね。

 

脱毛するとカミソリ負けは無くなるし、衛生的だし、見た目スッキリするしいい事ばかりです。

 

ぜひ皆さんにもオススメします。

 

中年男性である私のリアルな脱毛体験を交えながら、脱毛の魅力を紹介します。

脱毛しようか迷っているアラフォー男性は必見です!

 

 <目次>

アラフォー男性が全身脱毛?

 

男性の脱毛はもはや若い世代だけのものでは無くなってきており、30代~40代男性、さらに上の世代の人たちも脱毛する方がいらっしゃいます。

 

それでもまだ脱毛は女性がするものというイメージが強く、10代20代ならまだしも30歳を過ぎれば「気持ち悪い・・・」などと言われることも。

 

 女性目線からいうと、男性の脱毛はどちらかといえば否定派の方がまだまだ多いですが、青ひげやモジャモジャの胸毛やすね毛が嫌いな女性も多いのも否めません。

 

そんな背景もあり、男性の脱毛も徐々にですが受け入れられて来ているのも事実です。

ただし、全身ツルツルに毛が無いと言うよりは、部分ごとに程よく薄く生えているという状態が好まれているようです。

 

難しいですね。

 

 脱毛の種類

男性向け脱毛には大きく分けて3種類の方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • 医療レーザー脱毛
  • 電気脱毛(ニードル脱毛)

※他にブラジリアンワックスなどもありますが、ここでは除外します。

 

表:脱毛種類別のメリットとデメリット

  光脱毛 レーザー脱毛 電気脱毛
施術場所 脱毛サロン クリニック エステサロン
費用

安い

安い 高い
痛み
弱い


強い

(麻酔使用可)


強い
施術回数 多い 少ない 少ない
永久脱毛 不可
 光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は、肌に特殊な光を照射して脱毛を促す施術方法です。毛根に熱のダメージを与えることで、毛母細胞が弱って毛が細くなっていき1~3週間後にはスルッと毛が抜け落ちます。痛みは比較的少ないと言われ、低刺激。そのため短いスパンで施術をおこなえるのが特徴。光脱毛にはIPL方式とS.S.C方式の2種類があり、男性特有の太く濃い毛には大まかなメカニズムがレーザー脱毛と同じIPL方式が向いています。方式別の説明は省略します。

 医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、肌に光脱毛よりも強い光を照射して脱毛を促す施術方法です。医師免許を持つ病院やクリニックでおこなえます。医療機関ならではのリスク対応やアフターケアで安全面も◎。医療脱毛で主流なレーザーは、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類あり毛質や肌の状態、照射部位によって使い分けます。レーザーの種類別の説明は省略します。

 電気脱毛(ニードル脱毛)

電気脱毛は、毛穴の隙間に滑り込ませた針に微弱な電気を流して毛根を破壊する施術方法です。光脱毛や医療レーザーでは難しい白髪や産毛も確実に脱毛できます。毛を1本1本処理していくためヒゲやマユをデザインしたい人に向いています。永久脱毛効果が期待できますが、痛みが強いのと値段が高いのがデメリットです。

 

ススメの脱毛方法

光脱毛かレーザー脱毛のどちらかです。

 

私は光脱毛を選択しています。

その理由は、単純に費用面とお店の数の多さが決め手でした。

 

レーザーに比べ痛みは少ないはずですが、それでもヒゲ脱毛は痛かったです。

私はヒゲが濃かったので、余計に痛みを感じたのかもしれません。

他の部分はそうでもありませんでした。

 

光脱毛であの痛さなら、レーザーは経験ありませんが耐え難い痛みであることが想像されます。

 

レーザーでヒゲを脱毛するなら麻酔は必須でしょう。

 

電気脱毛は今どきは施術しているところがほとんどありません。

肌に直接針を刺すので、怖いです。痛みの点からいっても選ぶことは無いです。

 

 

アラフォーや40代既婚者が奥さんになるべく体よく脱毛を許可してもらうには

私の場合、脱毛のほとんどは結婚前にやってしまいました。

今ではたまに、家庭用の光脱毛器で少し気になるところを処理するくらいです。

そういう使い方であれば、家庭用脱毛器はかなり有効です。

 

 

結婚している男性は奥様に話をするのが、恥ずかしいし反対されそうで心配、なんて方は多いのではないでしょうか。

 

話の持って行き方として美容面ではなく、機能面のメリットを前面に出すことがオススメです。

 

一例として以下のようなメリットがあります。

 

  • 毎日のヒゲ剃りをなくせる(朝の準備時間短縮、肌へのダメージ減)

  • 汗で毛がまとわりつく不快感を解消(臭いの原因減)

  • 抜け毛の掃除から開放される

毎日のヒゲ剃りをなくせる(減らせる)のは、かなりのメリットです。

 

単純にざっと計算します。たとえばT字型のカミソリでヒゲを毎日剃るとします。

1回のヒゲ剃りを5分とすると、ヒゲ剃りに使う時間は・・・

 

1ヶ月 5分×30日=150分

1年  150分×12ヶ月=1800分=30時間

 

なんと、年スパンで見ると1日以上ヒゲを剃っていることになります。

 

ヒゲを脱毛して、ほとんど生えてこない状態になればヒゲ剃りの時間はほとんど「0」になりますし、薄くなってきているだけでも半分以下の時間で済みます。

 

ヒゲ脱毛にはかなりのメリットがありますね。

又、カミソリ負けによる肌荒れのリスクが減るというメリットもあります。

 

機能面のメリットを論理的に説明できれば、奥様はきっと納得してくれるでしょう!

 

 

楽天市場で始める”メンズ脱毛”はこちらから!

 

 

Amazonで始める”メンズ脱毛”はこちらから!