中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

 パパが男性版マタニティーブルー「パタニティーブルー」になってしまった時の解決法!こういうふうに気持ちを切り替えてみては

f:id:bmkaijyu:20190927003710p:plain

妊娠中のマタニティブルーや産後うつと呼ばれる症状は、ママだけのものではないのが現実となっている現代。

 

「明るく社交的、人と関わることが好き」のどちらかというと対極の側に属する筆者ですが、なぜか「楽観主義で細かいことは気にしない」という謎の性格の持ち主。

 

そのおかげか「パタニティーブルー」とは無縁で済んでまいりました。

 

かわいい我が子が誕生した後、睡眠障害・頭痛・胃痛などの身体症状が出る人や、不安感やうつ状態に陥り「家に帰りたくない」などと苦しむパパが増えているようです。

 

そんな悩めるパパやたちへ、40代半ばで2児の父である筆者が自身の経験も交え、気持ちを少しでも楽にする方法を紹介します!

 

 

男性版マタニティーブルー“パタニティブルー”

妊娠中や産後、特に辛いことがあるわけでもないのに突然悲しい気持ちになって涙が出たり、ヒステリックになって夫に八つ当たりしたり、不安で眠れなくなってしまうような状態をマタニティブルーや産後うつと呼びます。

この男性版とも言えるのが「パタニティ(父性)ブルー」。近年注目を浴び始めているこの言葉、当てはまるご家庭もちらほらいるのではないでしょうか。

子育てに熱心で協力的なパパが「イクメン」と呼ばれもてはやされるなか、そんな社会の流れと自分の子育てにギャップを感じている人、いませんか?

アメリカの医学誌の発表によると、赤ちゃんの誕生から3~6カ月のパパでうつの症状が見られるのは26%近く。

ママになった女性の10~30%が産後うつの状態に陥ることは周知されているが、パパにも同様の現象があるということは見過ごされてきたと指摘しています。

出産の疲れや急激なホルモンバランスの変化などが起こる母親に対して、パパはどのようなことで「パタニティブルー」になってしまうのか、理由は下記のようになるようです。 

 

パパはどうして「パタニティブルー」になるの?

 

理由1: 生活の変化

妊娠期がない分、男性は女性よりも生活の変化や精神面での苦労が急激に訪れるといいます。夫婦で過ごしていた大人中心の生活から、子供最優先の生活になることに戸惑うパパも多いようです。小さな命を守る責任感や精神的な負担は、子供を産んだママと同じようにパパにも当然あります。

 

理由2:夫婦の時間が減る&妻が子供にかかりっきり

ママが子供の世話で忙しくなるため自分との時間が減ってしまって寂しいという意見。この話よく聞きますが、寂しくなる前に同じくらい子供に時間割いてくれよ! と常々思います。ただ、物理的に夫婦で過ごす時間が減ってしまうのは必然。ママがある程度しょうがないと思っていても、心が離れてしまったと感じるパパが意外と多いようです。

 

理由3: 育児と仕事のバランス

つきっきりで育児はできないとしても、仕事から帰った後や休日などにパパが子供の面倒をみている家庭も多いと思います。単純に愛しい我が子と接する時間が短いことに悩む男性もいれば、育児休暇や時短制度を利用しようと思う男性は子育てに専念することで生じる(かもしれない)キャリアへの影響を懸念しているよう。

 

理由4: 人生における役割の変化

共働きの家庭が増えてきたとはいえ、大黒柱として家庭を支えるという精神的・金銭的な負担は相当なものです。また、会社の同僚や友人との飲み会なども頻繁には行けなくなってしまうことも多く、なんとなく社会と切り離されたような感覚になってしまうこともあるといいます。

 

いずれにしても「パタニティブルー」に陥る理由には個人差が大きいため、原因が特定されていないのが現状です。

 引用元:hapimama

 

f:id:bmkaijyu:20190927004159j:plain

 

ここに挙げられている理由もそうですが、実感としては以下の原因があるのではないかと考えます。

  • 育児による睡眠不足(自分の時間を確保するために夜更しする)
  • 働き盛りの年代になり仕事量も増え、そこに父親としての役割も増える
  • 仕事は出来ても育児はうまく出来ない

それぞれを少しづつ掘り下げて、出来るだけ解決方法を見い出してみましょう。

 

育児による睡眠不足

男性はおっぱいが出ませんから、自分の乳首から母乳をあげることはありません。

子どもが夜泣きした場合、女性の方が泣き声に敏感に反応します。

 

それでも睡眠不足に陥る原因として挙げられるのは、自分の時間を作る為の夜更しです。

 

特に、こだわりの趣味があるような人は睡眠不足になりやすいです。

子どもがいなかったときは、自分の趣味に使える時間もそれなりにあったでしょう。

それが、子どもが生まれてからの生活はがらっと変わります。

 

それはそれで嬉しいし楽しいのですが、確実に自分の時間はなくなります。

多くの人はそれをうまく受け入れて半分諦めの境地に入るのですが、諦めきれない人は自分の時間をつくる為に夜更しします。

 

夜更ししても、子どもの夜泣きが気になってしまいイライラ。それを解消するために更に夜更し、の悪循環に陥ります。

 

<解決法>

子どもが小さいうちは無理と心得てあきらめる。

 

気持ちだけでもそういう風に思っていれば、ストレスは確実に減ります。

個人差はありますが2歳くらいになってくると、早く寝かせても一晩中寝ているようになります。

少なくともその時まで、奥様と一緒に育児の苦労を分かちあいましょう。

 

 

仕事量も増えている、そこに父親としての役割が増える

アラフォー世代、もしくはアラフィフ世代の中年パパならば、仕事場ではそこそこの立場になっているでしょう。

 

嫌な上司がいて、使えないけど生意気な部下もいる。そんな中、父親という肩書が一つ増えます。

仕事は忙しくて早く帰りたいのに帰れない。帰ったら帰ったで、奥様はもう前のように優しくしてくれない。

 

おむつも変えてあげなくちゃならないし、遊び相手になってあげなくてはなりません。

共働きならなおさら、育児を平等にやらなきゃなりません。

 

まじめな人ほど無意識にストレスを抱え込んでしまう場合があります。

 

<解決法>

「父親」という肩書は意識しなくて良い。こうでなくちゃいけない、も無い。

素の自分でいる事、それだけなんです。

 

仕事のことは誰もがみんな、悩んだりしています。

パパだろうとそうでなかろうと、皆同じです。

  

 

仕事は出来ても育児はうまく出来ない

中年パパともなれば、仕事は出来るでしょう。逆にそうでなくてはならないですよね。

でも育児は上手くできない・・・。

そりゃそうです。だって初体験ですから。

 

<解決法>

子どもが言うことを聞いてくれさえすれば、全て解決しますよね。

 

回答:100%無理です。

 

子どもは自分の思うように全くコントロールすることが出来ない生き物です。

まさに怪獣です。

それを意のままに操ろうなんてそもそも無理な話です。

 

子育てをうまくやろうとするからイライラするんです。

男は大抵、子育ては女性には敵いません。

いろいろ手際悪かったとしても、愛情さえあれば子どもは感じ取ってくれます。

 

うちの家庭もしょっちゅう子どもが言うこと聞かなくて怒ります。

ときどきあまりに聞かなすぎて、笑えます。

 

そう、笑えるんです。

 

まとめ

精神論

嫌いなんですが・・・

解決方法すべてが「気の持ち方」になってしまいました。

 

パタニティーブルーの解決方法 ≒ 気の持ち方

 

わかってはいるのですが、それではどすべきかと言うと…。

 

精神論だけでは解決にならないので…↓