中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

パパの素朴な疑問!?1歳6ヶ月の娘はどこまで親の言うことを理解しているか考察してみた

f:id:bmkaijyu:20191108013449p:plain

 

今日も我が家では子ども(5歳男、1歳女)のはしゃぎ声が響き、なかなか寝やしません、まったく(^_^;)

 

 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな情報をパパたちに向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

 

さて、パパやママの誰もが一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?

 

「うちの子、まだ小さくておはなしも出来ないのにこちらの言うことほとんどわかっているんじゃないか?」

 

うちの娘を例に本人には聞いてもわからないので、勝手に考察してみました。

 

意外とスゴイ!?

 

科学的、学術的な裏付けなどは一切ありません。

娘について

特別変わったところは無く、ごく普通の女の子です。

  • 2018年5月生まれ 1歳6ヶ月(2019年11月現在) 
  • 身長、体重は標準
  • 天然パーマ
  • 私、妻、長男(5歳)と同居
  • 赤ちゃんの頃は正直大丈夫かな?と思いましたが、だんだん顔が可愛くなってきた

f:id:bmkaijyu:20191108231722p:plain

娘の能力とその考察

あくまでも私の主観で感じていることを並べてみます。

又、それぞれの項目の考察を述べてみます。 

運動

  • 歩き始めたのが1歳くらいで、今では小走りくらいはする。
  • ダイニングの椅子を移動させて登る。
  • とにかく高いところに登る。
  • 音楽に合わせて踊る
  • いつもウロウロしている
考察

運動能力はかなりのポテンシャルを秘めているようです。

椅子の上り下りだけでも全身運動の為、絶えず自らの肉体に負荷を与え鍛えているものと思われます。

さらに休み無く動いている為、持久力までも鍛えているようです。

感情と表情

  • よく笑う(顔をくしゃくしゃにして)
  • よく泣く(顔がくしゃくしゃになる)
  • たまに怒る(ぷんぷん顔をする)
  • ドヤ顔をする
  • これ見よがしにいたずらする前にはいたずら顔をする
考察

笑う、泣くは両極端なもののように思われるが、彼女にとっては紙一重なのかもしれません。

泣き笑いという表現もあるくらいですし。

ドヤ顔やいたずら顔といった他に言いようのない微妙な表情までも使えるとは驚きを否めません。

感情豊かで、自らの脳を鍛えているものと思われます。

食べること

  • 白いご飯が好き
  • パンが好き
  • みかんが好き
  • ストローで飲み物を飲める
  • コップを持って飲み物を飲める
  • フォークを使って果物などを食べられる
  • スプーンを使ってヨーグルトなどを食べられる
  • 野菜が嫌い
  • 魚が好き
  • 肉は微妙
  • ママのおっぱいが好き
考察

食べることは生きる事、生命維持には必要不可欠です。

本能がそうさせるのか食事に関する能力はかなり高く、道具もかなり使いこなせますが、まだコントロールが甘いせいかよく食べ物をこぼします。

そのくせ、手にごはんつぶなどが付着しているとかなり嫌がります。

泣くと母乳を求める傾向あり。

母乳には精神を安定させる作用があるものと推測されます。

 

寝ること

  • 保育園でお昼寝
  • 22時くらいにならないと寝ない
  • 夜中に2~3回ぐずる
  • 寝起きが良い(起きるとすぐに歩いてママを探す)
考察

睡眠も生命維持には欠かせない重要なものであるはずですが、彼女の脳内では好奇心とのせめぎあいが起きている模様。

 

話すこと

  • 「まぁま(ママ)」と「ぱぁぱ(パパ)」が言える
  • 兄のことを「わわ」と呼ぶ
  • 犬のことを「わんわん」と言う
  • 「ん」とか「あ」とか言って何かを指差す
考察

似た能力を持つ生命体も存在しますが、ここまで複雑な意思疎通をする能力を持つ生命体は人類のみでしょう。

その一端は垣間見えますが、秘めたる能力が本領を発揮するには至っておりません

本領発揮するにはもう半年~1年程度は時間が必要と思われます。

遊ぶこと

  • 家の中ではいたずらが趣味、とにかく散らかす
  • 追いかけっこが好き
  • 絵本を読んでもらうのが好き
  • 兄のそばにやたらと寄っていく
  • 歌や踊りに興味津々
考察

とにかく物を出してはちらかします。

放っておくと足の踏み場さえ無くなるでしょう。

かと思えば、元に戻したりすることもあり、その行動は不可解

意地悪されるのにも関わらず、めげずに兄に近寄って行きます。

自分と近い遺伝子の持ち主であり、年齢も近いことで引き寄せる何かが作用しているかは不明。

その他

  • ゴミをゴミ箱に捨てる
  • おしっこやウンチが出ると教えてくれる
  • 兄のお世話をしようとする(着替えを渡したり、靴を並べたり)
  • 苦い粉薬を我慢して飲む
  • 少し言うことを聞かないが、ママが本気で怒り出す前に言うことを聞く
  • お菓子の入っている棚を知っていて、近寄ってやたらと食べようとする
  • ママとはチューするが、パパとはあまりチューしない。しようとすると避ける
  • 写真を撮るときポーズを取る(参照:冒頭の写真 ポーズを決め、舌まで出している) 
  • おむつを自分で脱ごうとする
  • 靴を自分で履こうとする
 考察

まだまだ考えると項目出てきますがキリがないのでこの辺にしておきます。

この世に生まれて1年半足らずで、こう並べてみるとかなり多様な事が出来るようになっていると感じます。

 

一番驚くのは「苦い薬をわかっていながら我慢して飲む」という事。

大人でも耐え難い苦味のある薬をヨーグルトに混ぜて採らせます。

少しだけ舐めてみたことありますが、私ですら二度と口に入れたくありません

 

健康を優先させ、「本能」が苦味に耐えても効能のある薬を飲むという行動に出させるのか?

それとも驚くべき事に「理性」がそうさせるのかは謎です。 

 

母親の顔色を見て、絶妙なところで言うことを聞く能力も秀逸。

驚くほどよく空気を察しています

 

結論

ここまで複雑な行動可能ということから推測して…

 言葉はそんなに話せなくても、親が子どもに話しかけていることはほとんど理解していると思って間違いありません。

 

子育て中のパパやママ、小さいからといって油断して子どもの前で余計な事は言わないほうが良さそうです!

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです