中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

パパの子育て「理想の親子関係とは?」~その1~ 私と息子(5歳)、お互いをどう思っているか考えてみる

 


< 写真の説明>

葛西臨海水族園でママのスマホで写真を撮るわけでもなく画面越しにペンギンを見ている5歳の息子

 

 大人も子どももスマホ好きですよね、放っておくとずっと見てます。

1歳の娘ですら、スマホの画面を覗き込んでくる始末…

 

さて、スマホはさておき…

 

5歳の息子がいっちょまえの口答えや、想像を超えるような言い訳をする場面がだんだん増えてきました。

 

そりゃそうですよね。

 

 親子といえど個々の人間、ですからそこには人間関係が生まれます。

人間関係ですから、こじれたり、すれ違ったり、いろいろあるでしょう。

 

子育てについて考えるとき、「親から子へ一方的に何かを与えているだけじゃない」ことをつい忘れがちです。

 

そこで子育てにおける「理想の親子関係」について探っていきたいと思った次第です。

 

まずは親と子がお互いの事をどう思っているか?ということを客観的な視点なしに自分の主観のみで考えてみました。

 

 小難しいことは抜きにして、深く考えず思いつくままに。

 

そこから見えてくる何かがあるのか無いのかはわかりませんが、少なくとも自分にとっては役に立ちそうです。

 

 

私と息子、お互いをどう思っているか

理想の親子関係について考える足がかりに、「父から見た息子は?」と「父が考える、息子から見た父とはどんな感じであるか?」をいいことも悪いことも関係なく、順不同で挙げていきます。

一般的には

周りから見れば…

  • 親子
  • こどもと保護者
  • おじさんと子ども

一般的にはこんな感じに見られるのではないかと思います。

おじいちゃんと孫には見られてない!と思ってます。

 

父(筆者である私)から見た息子は

主観的に見た自分の息子は…

  • まだまだかわいい男の子
  • イケメン
  • おしゃべり上手、口が達者
  • 落ち着きがない
  • 親の言うことをきかない
  • 性格はあまりよろしくない
  • 諦めが早い(チャレンジ精神がない)
  • 運動はあまり得意ではない
  • 頭は悪くなさそう
  • 甘えん坊
  • わがまま
  • 照れ屋
  • You Tube好き

こうして見るとマイナス面が多い感じですね。

父(筆者である私)が考える、息子から見た父とはどんな感じであるか?

息子に聞いた訳ではないので、全て私の想像です。

  • 仕事が忙しくてあまり家にいない
  • あまり遊んでくれない
  • いつも疲れている
  • 物知り
  • ママより頭がいい
  • 英語がしゃべれる(実際は喋れません)
  • 車の運転が上手
  • 物静か
  • 髪の毛が少ない
  • いつも夜更かし
  • 絵が上手
  • 戦いごっこの相手

なんだか恥ずかしいですね。プラス面とマイナス面が同じくらいでしょうか? 

 

まとめ

私が息子を見たときに感じることは、同じように多くのパパやママが感じているのではないでしょうか。

 

ほとんど修正せず、思いつくままを書いたはずなのですが、少しマイナス的な評価が多く、悪いところばかり見てしまっているのかもしれません。

 

すこし視点を変えてみると、優しいところやおちゃめなところとか、いいところもたくさんあるのにな、と反省。

 

逆に自分がどう思われているかを考えたときは、どうでしょう?

良く思われたい願望が少なからず働くでしょうか。

 

プラス的な評価を多めにして、悪いところは見ぬふり?!でもないとは思いますが自己評価なので客観性には欠けます。

 

 でもプラス的な評価は「そうありたい」と思っていることですし、マイナス的な評価は反省材料にすることが出来ます。

 

「親から見た子どもは?」と「親が考える、子どもから見た親はどんな感じであるか?」をいいことも悪いことも関係なく書き出してみると、今まで気づかなかったことに気づくかもしれません。

 

親子関係を考える上で役に立つかも!? 

 

 

 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな情報をパパたちに向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

さらに・・・読者になっていただけるとより嬉しいです。