中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

パパの子育て「理想の親子関係とは?」~その3~ 私と息子(5歳)の遊びを振り返って

 

f:id:bmkaijyu:20191112002712p:plain

葛西臨海公園でパイプ椅子を2つ使いしてくつろぐ息子

まずはこの写真、生意気な態度です(^_^;)

5歳の息子がいっちょまえの口答えや、想像を超えるような言い訳をする場面がだんだん増えてきました。

 

そりゃそうですよね。

 

 親子といえど個々の人間、ですからそこには人間関係が生まれます。

人間関係ですから、こじれたり、すれ違ったり、いろいろあるでしょう。

 

子育てについて考えるとき、「親から子へ一方的に何かを与えているだけじゃない」ことをつい忘れがちです。

 

そこで子育てにおける「理想の親子関係」について探っていきたいと思った次第です。

 

 

子育てにおいて「遊び」は重要な事でありますし、避けては通れない事でもあります。

 

親子の人間関係を考えるときには、もしかしたら最重要といえる事かもしれません。

 

今回は子どもとの遊びについて振り返ってどうだったか?を考えてみたいと思います。

 

そこから見えてくる何かがあるのか無いのかはわかりませんが、少なくとも自分にとっては役に立ちそうです。

 

 

私と息子の遊びってどんなだっただろう

子どもとの遊び方は、パパやママの趣味やライフスタイルによって大きく異なってきます。

 

アウトドア派やインドア派、スポーツ好きや音楽・芸術が好きなど親の好みで遊び方が家庭ごとに違うのは想像に難くありません。

 

ですが、私はといえば趣味らしい趣味もなく「子どもを連れてキャンプに行く!」とか「子どもを連れて電車に乗りに行く!」などの強い想いみたいなものはありませんので、なんとなく色んなことをやっているように思います。

 

実際、そんな家庭が多いのだと思いますがいかがでしょうか?

そんなパパと息子のこれまでの遊びを振り返って見ていきます。

1歳近くの頃

もうほとんど忘れてしまいましたが、こんな感じだったでしょうか。

  • いないいないばぁをする
  • 高い高いをする
  • 音のなるおもちゃでカランコロンしまくる

遊ぶというよりは「あやす」といった感じだったでしょうか。

ここらへんまではどこの家庭もほとんど同じ感じだと思われます。

1〜2歳の頃

現在のうちの下の子(長女1歳6ヶ月)と同じくらいの頃です。

歩いたり、話したりし始める頃なので子どもとの接し方が大きく変化します。

長女と記憶が混同しそうですが、こんな感じだったでしょうか。

  • 絵本を読んであげる、しつこく読んでとせがまれる
  • 歌を歌ったり踊ったりするので、一緒にやったり手拍子で盛り上げる
  • 追いかけっこをする
  • IKEAで買った木の車のおもちゃでブーブー
  • すべり台を滑る

息子のこの頃の写真を見ると、何かこみ上げてくるものを感じます(泣)

2〜3歳の頃

魔のイヤイヤ期とよく言われる頃で、「怪獣」ともよく例えられます。

ありがたくも、その事を肌身に感じることが出来ました。

  • 寝る前は必ず絵本
  • 追いかけっこが大好きで、中年パパはヘトヘトに…
  • トミカでブーブー
  • おもちゃを初めてねだられる、バスのおもちゃでした
  • ウルトラマンが好きになり、戦いごっこを毎日のように
  • 公園でストライダーを少々
  • 砂場あそびが好きで、しょっちゅう砂だらけに
  • 夏はプールで水遊び、とにかく長い、帰らない
  • 初めてのサンタクロース、私が一番楽しい

 全てはかわいい「怪獣」との出来事です。

3〜4歳の頃

運動能力がさらに向上し、ついていくのがしんどい時期かも。

言うことはまあ、聞きません。

  • ウルトラマンがピーク、戦いごっこは毎日、力加減がわからないのでひたすら痛い
  • とにかく私の上に乗ってくる、おちおち昼寝などはできない
  • プールで水遊びが大好き、相変わらず長い、帰らない
  • 公園の遊具が大好き、とにかく登る、登る
  • 一緒に積み木やブロック遊び
  • プラレールで線路を連結して走らせる
  • 一緒に絵を書く
  • 寝る前は絵本
  • 動物や昆虫の図鑑を見る
  • 虫取りをする
  • カブトムシを飼う

言うことを笑えるほど聞かないので、それがストレスになります(^_^;)

 4〜5歳の頃

少しづつ物事の分別が見え隠れしてきます。個性もはっきりしてきた時期です。

  • ウルトラマン熱は徐々にクールダウン、戦いごっこは時々に
  • 初めての映画館に二人で、「劇場版ウルトラマンジード」しばらくはその話題で盛り上がる
  • YouTubeを覚える、放っておくとずっと見続けることに(主にヒカキンやドラえもん)
  • 初めてのアスレチック、あまりうまくいかなくていじける
  • トミカやプラレールをほとんどやらなくなる
  • レゴでブロック遊びを一緒に、組み立て方を教えながら
  • 一緒に絵を書く
  • 寝る前は絵本

ついに禁断のYouTubeを覚えてしまいました。

放っておくといつまでも見続けるのが困ってしまいます。

5歳〜現在(5歳8ヶ月)

妹が出来たせいか、少しは兄らしい一面も…

でもほとんどはイライラさせられます。

  • ストーリーが理解できるようになってきたからか、ウルトラマン再燃するも戦いいごっこはほとんどせず、一人遊びが多い
  • 一緒にレゴ
  • 公園の遊具に軽々登れるので、こちらが追いつけない
  • 二人でプールに行く、今のところ4回
  • 水泳教室に通い始め、たまに二人だけで行く、だいぶ上達してくる
  • ほぼ毎日15分くらい一緒にお勉強
  • 一緒にラジコン
  • YouTubeを少しセーブできるように

勉強の成果で、文字や数字がどんどん読み書きできるようになり、本人の自信になっている様子。

言葉使いが男っぽくなってきましたが、まだまだ私にじゃれてくるのでかわいいもんです。

 

 

まとめ

うまく言葉には出来ないのですが、私という人間にしては根気よく息子に付き合ってきたつもりですし、自分も楽しんできたと思います。

 

こうやって遊びについて改めて文字にしてみると、本当にかけがえのない宝物のような時間を子どもからもらったんだな、と認識させられます。

 

そんな感謝に似たような気持ちをパパやママが持っていることが、親子関係には大切な気がしました。

 

今のところ息子も娘も私が仕事から帰宅すると、基本的には笑顔で駆け寄って来てくれます。

 

f:id:bmkaijyu:20191113023230p:plain


 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな情報をパパたちに向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

さらに・・・読者になっていただけるとより嬉しいです。