中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

40代中年パパサラリーマン 働き方改革の影響で変わった会社の3つの事

f:id:bmkaijyu:20191116220810j:plain


働き方改革が謳われるようになって、かなり経過したように感じますが意外にそうでもない今日この頃。

ようやく私が勤める会社にも良い方向にその兆しが見え始めました。

 

ようやく見え始めた良い兆しを、兆しだけで終わらせてはなりません。

 

実を結ぶその時を迎える為に何か出来るかを、よく考えてみたいと思います。

 

働き方改革とは

以下のサイトが参考になります。

簡単に言うと…

少子高齢化及び、 様々な事情により働けない(働かない)人々が増えてきているので、働き易い環境を作ることにより労働人口を増やし、経済を活性化し税収を増やしましょう!

という一連の動きを指します。

 

こういった一連の動きの中に「労働時間を短縮して、生産性アップ」という事が含まれます。

そしてこれが「有給消化」や「残業時間を無くす」に繋がっていきます。

実際自分が勤める会社で起きている働き方改革

私の勤めている会社は社員約20名の中小企業で、製造業に属します。

創業以来40年間黒字続きで、行政からすればしっかり税金を納めている優良企業です。

実際、ブラックってほどではありませんが、多くの中小企業と同じくほぼ毎日残業&休日出勤ありでした。

 

私の勤めている会社では主に3つの事が変わりました。

どんなことが起きているか見ていきます。

 

終業時間の定時が21時だったのが18時になった

⚠あくまで比喩です

 定時は8:30から17:30です。

 

以前は残業が当たり前すぎて21時が「定時」、19時にあがる場合は「早退」、17時半にあがる場合は「半休」と揶揄されておりました。

 

それがなんと!今年度は18時が「定時」と言われるまでに!

 

相変わらず昭和世代で19時や20時が「定時」の先輩は若干名いらっしゃいますが、そんなものは放っておきます。

有給休暇を初めて取得

休日出勤が多すぎて、その振替休日の取得すら間に合わず、有給休暇を取ることは入社依頼ありませんでした。

 

それがなんと今年度はすでに4日間の有給休暇を取りました!5日間は最低限取得しなくてはならないことになっています。

 

法律で決められたこととは言え、なんか得した気分になるのはすっかり洗脳されているのかもしれません。

 

休日出勤の日祝分を100%振替休日で消化

これはこれで嬉しいのですが、お金が欲しい人は微妙です。

なぜなら休日出勤の残り分は現金でもらえるからです。

 

また、仕事が追いつかなくなる人も…

いかにいままで残業や休日出勤に依存していたかがよくわかります。

 

 

まとめ

これらのことは改革などせずとも本来は当たり前の事なんですよね。

一度出来上がってしまった価値観は、そう簡単に変えられないという事の最たるもの

なのだと思います。

 

会社が良い方向に向かっている(と個人的には確信している)せっかくの機会なので、課長である私が率先して定時にあがるようにしております。

 

入社したての頃はあんまりやることなかったので、ほぼ毎日定時に帰っていたら「何で毎日早く帰るの?少しは残って勉強でもすれば?」と言われた記憶があります。

定時は過ぎていたので、早く帰るわけではないのですが…

 

今では考えられないセリフですよね!?時の流れを感じます。

 

 

f:id:bmkaijyu:20191113023230p:plain


 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな情報をパパたちやその妻たちに向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

さらに・・・読者になっていただけるとより嬉しいです。