中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

パパになる人たちに聞きたい本音。1ヶ月以上の育児休暇を取れ!と会社に言われたらどう思いますか?

f:id:bmkaijyu:20191118013528p:plain


 政府は男性の国家公務員に育児休暇取得を促進する制度の検討を始めました。

 

業務に支障のないよう事前に計画を立てさせたり、部下の取得率を人事評価に影響するようにして、男性職員に1ヶ月以上は育休を取らせようとしています。

 

もちろんこれまでも育休は男性も女性同様に取得する権利がありますが、実際に取るのは女性が圧倒的に多く、2018年に育休を取得したのは…

 

女性:約34万5千人

男性:約1万9千人

 

だそうです。

その差は歴然としており、やはり子育ては女性中心という考え方に偏っているのでしょう。

 

安倍晋三首相は「国家公務員が率先して大胆に取り組むことは、国全体の男性の育児休業の取得率向上へ重要だ」と説明。

 

自民党内では育児・介護休業法を改正し、企業に対策を義務付ける動きも出ており、男性の育休「義務化」についての議論が本格化してきました。

 

もしも男性の皆さんが「1ヶ月、育児休暇で休みなさい。これは法律で決まっているから選択の余地はありませんよ。」と会社から言われたらどう思いますか?

 

もちろん「喜んで休みに入りまーす!」というパパが多いとは思います。

しかし逆に「仕方ないから休みにします…」が本音だというパパも少なからずいらっしゃるのではありませんか?

 

なぜ後ずさり気味になるかって?

 

育休を取るということは24時間育児します!という覚悟が必要だからです。

 

育児休暇についての男性の意識は

議論の盛り上がりに対して、現状では男性の意識と行動は追いついていません。

 

連合の「男性の家事・育児参加に関する実態調査2019」では、育休を取らなかった男性のうち「取得したかったが、できなかった」とする回答は約30%約70%は最初から取得するつもりがないとの結果が出ております。

 

育児休暇を取って、積極的に育児に加わろうとする考え方を持っていない男性が多いことが露呈された形になりました。

育児休暇を強制することによる問題点

この現状の中で、パパたちに育児休暇取得を強制することはどういった効果があるのでしょうか。

 

強制」という外からの圧力によって、育児に関する意識を変えさせていくという方法も一理あるのかもしれません。

しかし、育児に関する意識の低すぎる現状のまま育児休暇の取得を義務化した場合、いったいどうなるのでしょう。

 

育児ストレスによる離婚や虐待 の可能性が高まる

育児というものは会社の仕事以上に想定外な事が何度も発生します。

そして思うようにコントロールすることは不可能な為、少なからず誰でもストレスが蓄積します。

 

その結果、夫婦喧嘩が絶えない状況になることも考えられ、離婚率が上昇する可能性があります。

 

又、最悪の可能性として上げられるのは、ストレスの矛先が子どもに向かうことです。

その原因は?
  1. 育児に関する知識・情報・スキルが少ない or ほとんど無い or 全く無い
  2. 個人の性格(生い立ちや現在の状況なども複雑に絡んできます)

 

市町村などが育児に関する情報を得る機会やスキルを学ぶ場を、女性には多く提供しています。

 

確かに最近は多くの自治体が「プレママ&プレパパ講座」などと言った、出産前の夫婦向けの学ぶ機会の場を提供しています。

 

しかし、開催日が平日昼間に限られる場合がほとんどで、働いている男性の参加は難しいのが現実です。

 

このように男性がパパの役割や育児・家事スキルを学ぶ機会はほとんどありません。

 

本来なら男性も育児について真剣に考え、自ら学んでいくべきなのでしょう。

 

しかし現実的には…

  • 育児休暇を積極的に取得するようなパパは、育児について自分で学ぶ
  • 育児休暇取得に積極的でない人は、育児はママに任せて自分はお手伝いくらいに考えて自分で学ぶことをしない

おおよそこの2通りのパパに分けられると思います。

 

このような現状では多くのパパが育児について事前に学ぶことは、難しいと言わざるを得ません。

 

そして個人的な性格や生い立ちなどの影響で、虐待に走ってしまうことも考えられます。

近年の核家族化などで孤立しがちな子育て中のママを助けようと、乳幼児を育てているママたちが集える場所をつくり、互いに子育ての悩みを共有したり、専門スタッフが相談に乗ったりしてママのフォローをしてくれる環境が各地域で整備されています。

 

全国にこうした地域子育て支援拠点が約8000カ所ありますが、パパ達にはそういう情報は届きにくいのが現状です。

 

各施設は、もちろんママもパパも分け隔てなく受け入れています。

 

しかし実施する支援プログラムの多くはママの参加を前提に作られている為、パパが参加しても場違いな印象を持ってしまう場合が多く、足が遠のいてしまう原因になっているようです。

 

そもそも男性は女性と比べ、自分もそうなんですが困ったときに誰かから助けてもらうという思考をしない傾向にあると思います。

そういうことも相まって、ストレスが限界まで達してしまい、そして…

なんてリスクが高まるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

もっと未来のパパたちに、育児の事を学んでもらえる環境づくりが必要でしょう。

 

現状よりももっとパパの育児に対する意識を高め、ある程度底上げしてからパパの育児休暇の義務化をした方が良いと個人的には思います。

 

私自身、「育児休暇を1ヶ月以上取れ」と会社に言われたら、「喜んで!何ヶ月でも!」となります。

 

しかし、それは二人目の子どもがいる今だから言えること。

 

実際は育児休暇の取得は考えたことすらありませんでした。

 

そして一人目の時に会社から言われたとして「喜んで!」と一瞬のためらいもなく言えたかどうかはわかりません。

 

子育ては大変ですが、楽しいです

断言できます。

 

この期間というのはもしかしたら、人生で一番幸せな時かもしれません。

 

だから会社に「育児休暇を1ヶ月以上取れ」と言われても、全てのパパが「喜んで!」と思うようになったらいいなと思います。

 

もっといえば、パパの育児休暇は当たり前になり、その事について議論にすらならないようになったら、幸せな人が増えているかもしれませんね。

 

 

f:id:bmkaijyu:20191113023230p:plain


 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな情報をパパたちに向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

さらに・・・読者になっていただけるとより嬉しいです。