中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

何もしないパパにイライラ!夫婦関係の悩みを解決するためにやるべきこと ※最後まで読んで下さい!

f:id:bmkaijyu:20191126002624p:plain


結婚するまではパパ(夫)の良いところしか見えていなかったのに、結婚したら悪いところが強烈に見えてしまい、イライラしている女性は非常に多いのではないでしょうか。

 

なぜなら、結婚後は夫婦共同で生活をするためパパ(夫)もいろいろ手伝ってくれるのかと思いきや、思った以上に自分のことしかやらないからです。

 

そこで今回は、夫婦関係の悩みを解決するためには、何をするべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

 パパにイライラ!夫婦関係で悩んでしまう原因

 

そもそも、悩みの種でもある夫婦関係がこじれてしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ママを差し置いて自分を優先しがち

 

たしかに未だに多くの家庭で男性が家計の多くを稼ぎ、大黒柱と未だに言われることもあるため、パパがなんでもかんでも優先してしまいがちのケースが多々あります。

 

もちろん、男性をたてるということもあるため、すべてのことを優先させてしまいがちで、どうしても女性の立場は弱くなってしまうものです。

 

とにかくひとりで外出しようとする

 

出勤しているときは家にいなくて当然ですが、休みの日もとにかく家から出たがるパパが多いのも事実です。

 

ママとパパと一緒に出掛けるなら問題ありませんが、友達と遊びに行く、趣味のために出かけるからといってママをほったらかしにしてしまうと、やはり夫婦関係に溝ができてしまいます。

 

また、小さな子どもがいるのであればパパはなおさら子育てを一緒にしなければなりません。

 

友人との縁を切ってほしいというわけではありませんが、友人だって事情はわかってくれるはずです。

 

言ったことをやってくれない

 

夫婦で生活していると、何かしらで手伝ってほしい出来事があるはずです。

 

例えば、料理や洗濯、掃除など。

 

主婦もやることがたくさんあるため、手が足りずにパパにお願いするわけですが、返事はあったものの、動いているようには見えない。

 

結果的にいつまでたっても手伝ってくれずに、再度声をかけてイヤイヤ動いてくれるというわけです。

 

もしくは言い訳をされて、動いてくれないなど。

 

正直、こんなことが毎回続くと夫婦生活の悩みのタネとなってしまうことでしょう。

 

育児を手伝ってくれない

子どもが生まれれば、パパとママと呼ばれるようになり嬉しいはずです。

 

しかし、24時間365日子育てに追われる生活と、家事の両立でこの環境から逃げ出したいと思うことでしょう。

 

そんなときに、パパが積極的に手伝ってくれればいいですが、すべてのパパがそうしてくれるわけではありません。

 

 

パパにイライラ!の悩みや夫婦関係を解消する方法

 

では、夫婦関係が悪くならないためには、何をするべきなのでしょうか。

 

しっかり話し合いを行うこと

 結婚してから些細なことも含め、会話はしていますでしょうか。

 

会話がない生活が続いてしまうと、どんどん夫婦関係は冷めてしまい最悪な事態に陥ってしまいます。

 

ですから、何事もそうですがまずは話し合いからはじめて、何が問題なのか、今後どうしていきたいのかをきっちり決めることが重要です。

 

このときに、一方的にパパにきつく当たってしまうと、炎上してしまう可能性があるため、落ち着いて大事なことをしっかり話すようにしましょう。

 

何ごとも感謝の気持ちを伝えること

新しいことをやってもらえれば無意識にありがとう、と言えるはずですが、同じことをやり続けるとそれが当たり前のようになり、感謝の気持ちが薄れてしまいます。

 

ひとつひとつが当たり前になってしまうと、やってもらって当然という考えになってしまうため、しっかりと感謝の気持ちを伝えることが重要です。

 

どんな人でも、感謝の気持ちを伝えられたらイヤな気になんてなりません。

 

たったありがとうの一言が、夫婦関係の悩みから解放される可能性があります。

 

役割分担を決めること

 夫婦で一緒に生活するのであれば、片一方に大きな負担を与えるのはいけません。

 

ですからしっかり役割分担を決めてあげることが重要です。

 

もちろん、パパはそもそも仕事を1日中しているため、それらも考慮してあげるのがベストです。

 

例えば、仕事があっても負担にならないような軽作業はパパが担当を。

 

それ以外の作業についてはママが担当をする。

 

また、育児に関してもなるべくパパに協力してもらえるように、最初から役割分担を決めておけば、あれもやってくれないこれもやってくれない、なんてことにはならないでしょう。

 

 

パパの悩みや夫婦関係のまとめ

 

ママからすれば、パパに対してや夫婦関係に大きな悩みをもっているケースも少なくありません。

 

しかし、そのまま言いたいことや手伝ってほしいことを言えずに我慢していると、いつかは爆発してしまい、修復できなくなってしまうことにも。

 

ですから、できるだけ最初の段階で話し合いをして役割分担を行い、いつまでたっても感謝したりされたりするようなそんな素敵な夫婦関係になるようにしましょう。

お願いです!以下は絶対読んで下さい!

ここまでの記事、読んでもらえましたか?

いかがでしたでしょうか?

 

いい記事ですか?

普通の記事ですか?

悪い記事ですか?

 

数少ない私の読者の方は何か違和感を感じたかもしれません。

 

読んでくれた方に告白します…

 

実はこの記事、勉強も兼ねて初めてココナラでお願いして書いてもらったものです。

ほとんど手を加えておりません。

 

あるキーワードを狙って書いてありますが、詳しい方なら何となくわかるかもしれませんね。

 

SEO対策万全の記事になっているはずなのですが、私にはどうしても最初はこの記事を使う気になれず、眠らせておりました。

 

しかしやっと今回こういう形で使ってみました。

 

SEO対策には書きたいことを書いているだけではダメなのは承知しておりますが、なかなか割り切れないものですね。

 

中途半端な自分に反省…。

 

f:id:bmkaijyu:20191113023230p:plain


 40代で二人目の子どもができた中年パパが、子どもが寝静まった深夜か起きる前の早

朝の時間を使って、細々とブログを更新中…

 

私自身、多くのみなさんと同じ「共働き」です。

 

共働きという環境の中で、「40代で二人の子どものパパ」である自分が、実際に体験したことや気づいたこと、オススメしたいことなど、とにかく少しでも役に立ちそうな事を中年パパとその奥さまたち、そして他の全ての人に向けて発信しています。 

 

そして、「参考になった!」と少しでも思っていただければ、嬉しい限りです。

 

さらに・・・読者になっていただけるとすごく嬉しいです。