中年パパとその妻たちへ送る

家事・子育て・夫婦関係の事など、悩める中年パパとその妻へ中年パパが送る中年パパとその妻の為のちょっぴり役立つブログを目指してます!

40代中年パパは中小企業の中間管理職「課長」、他部署の上役が口を出してきて・・・

f:id:bmkaijyu:20191202170522p:plain


私、中間管理職「課長」になって約10年です。

 

課長といっても社員20名程度の小さな会社ですので、やっていることは平社員とそう変わりません。

それでも一応、部下が現在4人おり、直属の上司に取締役部長がいます。

 

そんな少人数でもやっぱり中間管理職ならではの悩みがあります。

 

そんな中間管理職の方は私以外にも多くいらっしゃると思います。

そんな方々と悩みを共感していただき、少しでも自分が楽になろうと記事を書いています(笑)

 

中間管理職の悩み

自分にとっての中間管理職の悩みを並べてみます。

  • 上司が部下の管理を自分に丸投げ…その結果、部下の管理以外に自分の担当があって大変なことに
  • 権限が中途半端でいちいちお伺いをたてなければならない
  • 部下に頼りない上司と思われていないか少し不安
  • 仕事が出来ない部下がいない、そしてみんな性格も良いのでより良い環境をつくっていかなくてはというプレッシャーがある
  • 小さな会社なので、他部署の上役が口を出してくる
  • 上が詰まっていて、昇進出来そうもない

私の場合、部下には恵まれているようです!

 それでは今回は2つ悩みを見ていきましょう。

仕事が出来ない部下がいない、そしてみんな性格も良いのでより良い環境をつくっていかなくてはというプレッシャーがある

 これについては前回の記事と重複する部分が多いですが、私はみんなを引っ張っていくような力がありません。

 

その代わりに、下から支えてあげたいという気持ちがあるのですが、自分の仕事もあるのでなかなか出来ていないことが歯痒いです。

解決法:考え方を変える

 部下は仕事ができる人間ばかりなので、自分なんかが頑張ってフォローしなくても大丈夫はず。

だから今までどおりでいいんです。

 

 

小さな会社なので、他部署の上役が口を出してくる

 大企業ではあまりないことかもしれませんが、中小企業ではどこの会社でもそうだと思います。

 

要するに「部署」という概念が薄いのです。

 

私が勤めるのは20人足らずの会社ですが、役員が社長を含め5人もおります。

実に会社にいる人間の四分の一が役員です。

 

その役員がそれぞれの部署の部門長をしております。

 

そして、私の部署以外はそれぞれ部下が一人ずつしかおりません。

各部署の部下はみんな10年以上の中堅どころなので、今更そんなに口出しすることもないのでしょう。

 

ところが私の部署には部長と私以外は入社5年以下の社員しかおりません。

当然そこに目がいくわけです。

 

私の上司は部下の教育は私に丸投げですので、それはそれで問題ですが、まあ良しとします。

 

問題は他部署の上役です。

アドバイスのつもりなんでしょうが、教育についてもっとこうしたほうがいいとか、こうしろとか言ってくるんです。

 

サラリーマンたるもの、その言葉を無視するわけにはいきません。

ただでさえ忙しいのに、余計な仕事を増やしてくれるのです。

 

しかも他部署の事なので、責任を持ってくれるわけではなく気が向いたときに言ってくるので、言いっ放しということもしばしば。

 

「ありがた迷惑」という言葉がぴったりです。

解決法:なし

どう考ええもいい方法が思い当たりません。

 

考え方を変えるしかないのでしょう。

 

アドバイスをいただいた、と素直に謙虚に受け止めることがいいのでしょう。

 

どうも私が謙虚さに欠けているようです。

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。