しんよこライフ

家事・育児に使える旦那を育てるためのローカル色濃いめなブログ

えきねっと利用の際に注意すべき2つの事!そして新横浜での受け取りが不便すぎる!

f:id:bmkaijyu:20200102002824p:plain

全国の新幹線やJR特急列車の予約ができるJR東日本が行っているサービス「えきねっと」は利用したことありますか?

 

このサービス、勘違いしやすく間違えると損をします。

私も実際勘違いして損をしました!

中年パパ1号がまぬけなんじゃないの〜?

それもあるけどさ。でもこのサービスわかりづらいんだよね。

たしかに〜

それに新横浜駅でのチケット受け取りは不便そのものなんだよ。

 

それではえきねっとを利用する方にぜひ知っておいてほしい、注意すべき事を紹介します。

 

<目次>

 

えきねっと利用の際、注意すべきこと

えきねっと利用の際に注意すべきは以下の2つです。

  • 乗車券、特急券を受け取れるエリアが限られている
  • 一部チケットレスサービスが利用できるが、新幹線は全く利用できない(2020年1月1日現在)

注意点1:受け取れるエリアが限られている

このサービスの一番の問題点です。

全国の切符を購入することが可能であるにも関わらず、受け取れる駅が限られているのです。

 

えきねっとのHPにしれっと注意書きは載っています。

f:id:bmkaijyu:20200102010349p:plain

引用:えきねっとHPより(http://www.eki-net.com/)

この注意書きをしっかり読み込んでいないとどうなるかというと、次の失敗例のようなことが起きます。

失敗例:帰りの切符が受け取れず、やむなく払い戻しして買い直し

私が実際にやってしまったミスです。

旅行の工程は以下の予定でした。

 

レゴランド・ジャパン 1泊2日

  • 新横浜→名古屋 東海道新幹線で移動
  • 現地1泊 翌日帰りの新幹線はその時の流れで決める

帰りはその時の時間に合わせて新幹線の切符をえきねっとで購入しました。

 

そして名古屋駅で切符を受け取ろうと、券売機を探すも見つからずみどりの窓口で聞いてみると…

「切符の受け取りはJR東日本エリアじゃないと無理」とのこと。

 

やむを得ず、えきねっと購入分は払い戻し(手数料引かれる)し、みどりの窓口で切符を新たに購入することに。

 

手数料は引かれ、新幹線も2,3本後の時間に変更する羽目になりました。

 

えきねっとのHPを良く見ていくとこんな記載がありました↓ 

f:id:bmkaijyu:20200102010635p:plain

引用:えきねっとHPより(http://www.eki-net.com/

 

注意点2:一部チケットレスサービスが利用できるが、新幹線は全く利用できない

新幹線が使えず、パソコンからの利用不可です。

 

JRは全国各社でいろいろなネット予約サービスを展開しており統一されていません。

今どきなぜこのような状態なのか、理解できません。 

 

したがってチケットレスサービスがほぼ利用できないので、切符を受け取りに行く必要が生まれてしまいます。

 

新横浜駅でのえきねっと受け取りは不便 

えきねっとの不便さに追い打ちをかけるように、こんな注意書きもあります。

f:id:bmkaijyu:20200102021356p:plain

引用:えきねっとHPより

新横浜駅北口というメインのほうには券売機が設置されておらず、篠原口という小さくて田舎の方の改札側に券売機があり、みどりの窓口も対応していないとのことです。

 

初めて利用する人はそれとは知らず、新幹線の出発10分くらい前に北口の方に来るとあせってしまう羽目に。

 

一応駅員さんに言えば無料の入場券が貰えるなど、すばやく対応してくれます。

 

JRの会社事情があるのでしょうが、利用者の利便性を考慮し改善していないことに驚かされます。

 

まとめ

今どきこのようなサービスのまま続けていけるのでしょうか?

よくやっているなー、と疑問すら感じています。

 

それでもえきねっとを利用したほうが金額的にお得な事は間違いないです。

上手に使ってみてはいかがでしょうか。